会員BLOG

出水神社献茶式  長野 哲也

DSC_007410月19日。 群青の空の元、出水神社において、茶道肥後古流の献茶式が執り行われました。 出水神社は細川家歴代のお殿様を祀る場所ゆえ、古流を学ぶ我らにとって、出水神社の献茶式は特別に厳粛でありつつも心沸きたつ想いで式に臨みます。

祭主の祝詞からはじまり、まだ古流を学んで日の浅い自分では滅多に見ることのできない天目のお点前、他社中のお点前、日々精進している先輩方の点前、社中に由来する御道具群の拝見、普段は立ち入ることのできないお茶室で一服頂戴する… この1日の「茶道の黄金の体験」は、肥後古流門人にのみ許される「至福の時」であります。

僕自身は、このお献茶式では茶室「酔月亭」に入ることができるのをとても楽しみにしております。茶人だけが味わえるであろうこの空間を言葉にするのは少し難しくございますが、このような「至極の奥行き」を経験することは、必ずや日常生活に良い刺激を与えてくれます。

〜酔月亭にて西王母をながめて 自分のあるべき茶の湯とはなんぞと 己に問う~

式を終えて、これからも茶道をはじめ様々な故実の追究をして行こうという決意を新たに、まだ暑さの残る10月の参道を後にしたのでした。

2014-10-22 | Posted in 会員BLOGNo Comments » 
Comment





Comment