会員BLOG

サンパウロの合同茶会   大塚 雄子

11月23日、ブラジル熊本県人会館で煎茶・清風会と肥後古流の合同茶会を催しました。

2014-11-22 080 (640x598)

今回のお茶会を開くきっかけは、去年の11月9日のブラジル熊本県人会館創立55周年記念式典に熊本から訪問された方々に抹茶を差し上げたのが始まりです。2005年に研修生としてブラジルから来ていた清原綾子さんが小堀啓子先生に肥後古流の手ほどきを受けていたのでその時お手前をしました。2014-11-22 047 (640x480) (640x480)

今年に入り、「県人会のおばちゃんたちにもお茶を飲んでもらいたい。大塚さんも協力をお願いしますね。」と言った綾ちゃんの一言がこんなに大きな会になるなんて思いもしませんでした。

今月に入ってconvite(招待状)を綾ちゃんがデザインし、両親が熊本出身のHelena Takaharaさんが作ってくれました。エレーナさんは、1993年に6か月間デザインの勉強のため熊本で友枝雄策氏の事務所で研修し、現在サンパウロにデザイン事務所を開いています。

12日に地元の新聞社2社に県人会会長、清風会の皆様と挨拶に行き、写真付きで大きく載せて頂きました。

2014-11-13 003 (640x480) (640x480)招待状も300部作り、配りましたが、その日はいろんな行事が重なり出席できなかった人がいたことは残念でした。しかし、80人以上のお客様が熱心にお手前を熱心に見て頂き喜んでいただいたことは、この上ない喜びです。2014-11-22 062 (640x416)

小堀先生が2001年にサンパウロの熊本県人会館が現在の場所に移転した時の祝賀使節団の一員として訪問された際に寄贈されたお茶道具一式と啓子先生から頂いた抹茶と干菓子以外はすべて清風会の皆様が用意して下さりありがたい思いをしました。

清風会の皆様は、利休の茶の精神と手前を400年近くにわたって守り、継承されている「肥後古流」に大変興味を持っていただき、手前をじっくり全員で見た後に一斉に立て出しを出す方法でしたいと希望されました。時間の事も気になりましたがそれに従いました。

来年の7月には帰国することが決まっている私は、「一期一会」の気持ちを持って落ち着いてお茶をたてることだけに集中しお手前をさせて頂きました。

「お茶」の稽古は好きで若いころからずっと続けてきましたが、この会を催すことで「肥後古流」の事について何にも知らない自分を反省し、帰国したらもっと勉強しようと思っています。そして型を崩さず継承されてきた「肥後古流」の普及のために精進したいと思います。2014-11-23 004 (640x480)

2014-12-01 | Posted in 会員BLOG1 Comment » 

コメント1件

 吉浦 | 2014.12.02 4:00

地球の裏側で広がる古流。すばらしですね。
熊本の県人会館があることに驚きました。
大塚さん、健やかにお過ごしくださいませ。

Comment





Comment