2015-01

平成乙未の年 初釜に想う

1月10日、11日の2日間にわたり、平成27年乙未(きのとひつじ)の年の初釜を執り行いました。お天気にも恵まれ、2日で60名近い方にお出でいただきました。ありがとうございます。P1060206

未年には新しいことが始まったり、新しいものができたりするようです。1955年(昭和30年)カリフォルニアの「ディズニーランド」、東京の「後楽園ゆうえんち」開園、1967年(昭和42年)「リカちゃん人形」、森永製菓の「チョコボール」発売、ラジオの人気番組「オールナイトニッポン」が放送開始になったのもこの年です。1979年(昭和54年)にはソニーの「ウォークマン」が発売され、大学入試の共通一次試験(センター試験)が始まりました。1991年(平成3年)にはソビエト連邦が消滅して新しい国際社会が始まり、2003年(平成15年)には六本木ヒルズが開業、個人情報保護法成立など、様々なことが起きています。火山の噴火の当たり年のようで、平成3年には雲仙普賢岳で火砕流が発生し、昭和54年には、木曾御嶽山と阿蘇山中岳が噴火しています。御嶽山と阿蘇山は去年噴火していますので、今年は静まってほしいものです。

さて、「未」という字は、枝が茂っている木の中の枝が伸び切っていない部分を表したものです。「未来」「未完」などの語からもわかる通り、「伸びしろがあるぞ~!」という前向きな字です。また、「羊」はヒツジを正面から見た時の角と上半身を表した象形文字。ヒツジは古代から家畜として飼われ、肉や乳は食用に、羊毛は衣類などに用いられ、人間に対して大変な恩恵を与えてきました。そのためか、「羊」が含まれる漢字は、美、翔、祥、義、善など良い意味を持つ字がたくさんあります。

「未」と「羊」。いずれの文字もポジティブな意味が含まれています。また、 ヒツジは草食で群れをなして行動するので、家族の安泰や平和をもたらす縁起物とされています。今年は干支にあやかって、前向きでかつ穏やかな年にしていきたいですね。

2015-01-12 | Posted in 宗家BLOGNo Comments » 

 

謹賀新年

IMG_0761 (1)新年、あけましておめでとうございます。

2015年の年明けは、熊本でも雪がちらつく冷え込みとなりましたが、まずは穏やかなお正月となっています。

昨年は、恒例の熊本県芸術文化祭合同茶会が台風19号の直撃を受け、野点席はもとより立田自然公園内の仰松軒も使用できないという異常事態に見舞われました。覚悟していたほどには風雨が強まるとはなく、茶席のやりくりや運営に知恵を尽くすことにより、何とか無事に茶会を終えることができましたが、今回のように野点はともかく濃茶席まで調整するという事態は、正直言って想定外でした。皆様のご協力に感謝いたします。

利休七則に「降らずとも 雨の用意」という教えがあります。傘や露地下駄などを常に用意しておくことは当然のこととして、それをどのように活用するかが大事なポイントです。不測の事態にも慌てず騒がず、冷静に判断対処する心構えを養っていくことも茶の湯の修行のひとつと心得て、この一年精進してまいりましょう。

2015-01-02 | Posted in 宗家BLOGNo Comments »