2015-10

茶会の季節

毎年10月、11月はお茶会の季節です。先週から今日にかけて三つのお茶会がありました。

10月12日は、熊本県芸術文化祭の合同茶会。

例年は細川邸の書院やご祠堂前の庭もお借りして席を設けるのですが、今年は細川邸が改築工事中のため、立田自然公園内の仰松軒と池の端などの野点席で薄茶のみの茶会となりました。通常とは異なる変則的な形でしたので、混乱しないか心配でしたが、大きなトラブルもなく、まずはつつがなく執り行うことができました。

 

18日の日曜日には、益城町文化会館のロビーで、益城町文化祭の協賛茶会に木山教室の皆さんが参加されました。P1070106

P1070108野点の設えでのお点前披露と点て出しでの呈茶サービスです。お点前の回数が多く、次々に入れ替わるお客さんにお茶とお菓子を供するため、他の教室からも若手が応援し、立派に亭主を勤めました。

P1070113 P1070117 P1070122

ベテランと若手が融合して、とても良い雰囲気で茶会を運営していただきました。お疲れさまでした。

 

10月19日は、毎年恒例の出水神社秋季例大祭献茶式。

武田家と1年交代で献茶を勤めますが、今回と来春は武田家が勤められます。

今日は、過ぎるくらいに良いお天気で水前寺公園のお庭がひときわきれいでした。P1070128

出水神社の茶室酔月亭でおいしい濃茶をいただき、美しい庭園を眺めて心身ともにリフレッシュできました。

 

今日は月曜日でしたが、わざわざ仕事を休んで参加していただいた方をおられます。ありがとうございます。

お茶会は、会員の皆さまの献身的なご協力なしには成り立ちません。

次は11月に古流大会。年明けにも東京遠征の予定が組まれています。

お一人お一人のできる範囲でのご協力をどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

2015-10-19 | Posted in 宗家BLOGNo Comments »