宗家BLOG

復旧・復興

熊本地震から15か月、被災した文化財の復旧・復興の状況です。

まずは熊本城。手前に見える江戸時代からの遺構「宇土櫓」がとりあえず無事だったことは喜ばしい限りです。とは言え、続櫓や頬当御門あたりの石垣修復には時間がかかりそう。DSCN0944

一の天守(大天守)、二の天守(小天守)の復旧工事が始まり、思いの外損傷が大きかった一の天守の最上階部分は一旦解体されています。DSCN0942高さが二の天守と同じくらいになってしまい、痛々しい姿にも見えますが、震災前の雄姿を取り戻すためのプロセスととらえましょう。高く跳び上がるためには、一度身を縮めて力を蓄えることが必要ですから。

阿蘇神社は倒壊した拝殿の撤去が終わり、楼門の解体が進んでいます。DSC_0328楼門や神殿は国指定の重要文化財ですので、修復は簡単ではありません。DSC_0333特に倒壊した楼門については慎重に解体し、使える部材を須く使用して元通りに復元するという大変な工程を踏まえる必要があるため、数年はかかる見込みと言うことです。

山都町の通潤橋も修復に向けた工事が始まっています。DSC_0014地震で傷んだ石管を修復するため、橋の土が取り除かれ通水石管が露出しています。DSC_0005滅多に見ることができない景色ですので、機会があれば是非訪れてみてください。

通潤橋の下を流れる川が流れ落ちる五老ヶ滝は、熊本を代表する名瀑の一つ。DSC_0021地震の影響で遊歩道が立入禁止となっていましたが、現在は滝の前にかかっている吊り橋までは行けるようになりました。落差50mの勇壮な滝は一見の価値ありです。

 

2017-07-17 | Posted in 宗家BLOGNo Comments » 
Comment





Comment