宗家BLOG

「武士の茶会」準備中

熊本城おもてなし武将隊絶賛稽古中です。

3月に熊本城二の丸広場で開催される戦国パークで全国から駆け付ける武将隊及びお客様をおもてなしする「武士の茶会」に向けて、主催者である細川忠興殿、殿をサポートしてお点前を披露する細川家筆頭家老松井興長殿は小堀家で熱心に稽古に励まれています。IMG_0055

戦国時代の利休の茶の湯を変えることなく現代に伝える「肥後古流」においては。腰かけてお点前を行う立礼(りゅうれい)の作法はありませんが、最近ではホールやステージイベントでお点前披露を行う場合に備え、腰かけてお点前ができる設えも準備しています。忠興殿、興長殿ともに畳の席で正座してのお点前に全く支障はないのですが、今回の「武士の茶会」では、長時間の正座による足の疲労がステージでの演武などに影響が出ないように、腰かけたスタイルでのお点前を稽古されています。IMG_0057本日は、「武士の茶会」では正客として遠来の武将隊やお客様を接待する役目を担う黒田官兵衛殿もご来訪。熊本城マラソンでは3キロファンランに出走、今月下旬に鹿児島で開催される全国お城サミットへの出陣などお忙しい中ですが、しばし茶の湯でリフレッシュしていただけたでしょうか。

2019-02-13 | Posted in 宗家BLOGNo Comments » 
Comment





Comment