宗家BLOG

「読むミュージアム 肥後古流」の発行について

この度、茶道肥後古流を解り易く紹介する書籍「読むミュージアム 肥後古流」を「mars biblio」さんのお力添えで刊行する運びとなりました。DSC_0155

「mars biblio」は、全国のミュージアムコンテンツを手掛けているMARS社が新たに出版プロジェクトとして立ち上げたもので、従来より親しくお付き合いのあった重藤賢一社長から「最初のコンテンツとして肥後古流を取り上げたい」とのありがたいお誘いを受けて、出版にこぎつけたものです。

その名の通り、仮想の展覧会を鑑賞しているかのような装丁となっており、できるだけわかりやすく肥後古流を解説した内容となっています。

税抜き1500円で、熊本市上通の長崎書店で扱っております。また、Amazonでもお求めいただくことができますので、ご興味ある方にはぜひご覧いただければと思います。securedownload[2]

詳細につきましてはこちらhttp://lifeonmars.jp/biblioをご参照ください。

 

2018-06-01 | Posted in 宗家BLOGNo Comments » 

 

肥後古流白水会名誉会長小堀泉斎死去のお知らせ

肥後古流小堀家12代小堀泉斎(富夫)は、平成30年4月24日午後7時3分、肺炎のため死去し、4月27日に熊本市において葬儀、告別式をとどこおりなく執り行いました。IMG_3030IMG_3029

ここに生前のご厚誼に深謝し、謹んでご報告いたします。

2018-04-28 | Posted in 宗家BLOGNo Comments » 

 

利休忌

春分の日の3月21日、肥後古流白水会の利休忌献茶を執り行いました。DSC_0230_01DSC_0218_01

利休が切腹したのは天正19年2月28日ですので、白水会では通常はもう少し早い3月上旬ころに行うのが通例ですが、今年は諸般の事情で少し遅めとなりました。

2月28日と言っても旧暦ですので1ヶ月くらいのずれがあり、天正19年は閏正月もあったので、現在の暦では4月20日過ぎになります。それゆえ、利休忌には菜の花を飾るのがならわしで、季節感から言えば相応しいとも言えるでしょう。DSC_0228_01

桜の便りが聞こえておりますが、今日はあいにくの冷たい雨。それでも足元の悪い中参加した一同は、細川月翁公所持と伝わる利休木像の前で、今年一年の精進を誓いあいました。

 

2018-03-21 | Posted in 宗家BLOGNo Comments »