肥後古流白水会

aisatsu_title2

ごあいさつ

 熊本の地に伝わる茶道肥後古流は、利休の直弟子であった近世細川家二代忠興(三斎)公の命により、元亀・天正のころの利休の点前作法に手を加えることなく、武将の茶の湯を現代に伝えています。三斎公は利休七哲と称された武将茶人で、利休を深く敬愛し、その美意識、作法は完成されたものであるので、これ以上手を加える必要はないと考えておられました。三代忠利公も三斎公同様、利休の茶風を好み、「古き茶を能くする者」として、古市宗庵を細川藩の茶頭として召抱えました。宗庵は利休の孫娘婿に当たり、極真台子などの奥義を全て伝授された利休正統の後継者です。細川家に仕えた宗庵は、利休の茶風に忠実な「肥後古流」を起こすとともに、高弟の萱野隠斎、小堀長斎に奥義を伝授し、古市、萱野、小堀の三家が細川藩の茶頭を勤めました。明治維新により碌を離れることになりましたが、以後も戦国時代の武将の嗜みであった利休の作法を現代まで守り通してまいりました。
肥後古流は、熊本の地に伝承するローカルな流派ではありますが、わび茶の原型を現在に伝えているという意味で、非常に貴重な存在であると自負しております。これからも利休正統の作法を正しく伝承していけるよう精進するとともに、肥後古流の普及に努めたいと考えております。

aisatsu
aisatsu_name